生活保護を受給している方以外で、生活に困っていて、最低限度の生活を維持することができなくなる恐れのある方(生活困窮者)は誰でも相談できます。年齢に制限はありません。
経済的な問題で生活に困っている方、長く失業している方、引きこもりやニートで悩んでいる方、働いた経験がなく不安な方など、生活の問題を抱えている方はどなたでもご相談ください。相談は無料です。

専門家が相談に応じます

生活に困っている方が生活保護に陥らないように、その前の段階で早く自立できるように、専門性を有する支援員(主任相談支援員、相談支援員、就労支援員)が相談に応じ、支援へとつなげていきます。

主任相談支援員

相談業務全般をマネジメントし、困難な事例への対応や他の支援員への指導などを行います。

相談支援員

相談者から相談を受け、課題の分析やプランの作成、包括的な支援の実施を行います。必要に応じて訪問支援なども行います。

就労支援

ハローワークや協力企業などと連携して、職業訓練や就職支援、職業紹介など就労に関する支援を行います。


相談の流れ
まず、困っていることを何でも話してください
  • 来所または電話でご相談ください。(来所が難しい場合はまず電話でご連絡ください)
  • 就労や家庭、心身の問題など、抱えている問題を相談員が広くうかがいます。
  • 窓口に来られない場合には相談員が訪問することも出来ます。
相談内容から適切な対応を判断します
  • 相談の内容によって、自立相談支援で対応するか、他の適切な対応機関へつなげるかを判断します。
  • 他の機関へつなげる場合にも同行支援など確実につなげるよう支援を行います。
必要な支援が計画的に提供できるように課題を分析します
  • 相談者本人だけでなく世帯やそれを取り巻く状況、問題の背景などについて、相談支援員と相談者本人が協働で理解を深めます。
  • 相談者の抱えているさまざまな課題を包括的に把握して、分析・評価し、解決のための支援を探ります。
相談者と一緒に自立への計画を立てます
  • 相談者の希望を尊重しながら、必要な支援が計画的に行われるように自立に向けたプラン(自立支援計画)案を策定します。
  • プラン案は相談支援員だけでなく、相談者本人と一緒に作成します。
  • 相談者本人と相談支援員が協働で作成したプラン案について、適切かどうかを支援調整会議で協議し、最終的にどのような支援を行うかを決定します。
自立への目標に一緒に取り組みます
  • 決定したプランに基づいて支援サービスが提供されます。
  • 相談者の必要に応じた支援が提供できるように、地域のさまざまな関連機関が連携して支援を提供します。
  • 目標に向けて支援が行われているかを定期的に把握し、必要に応じて調整を行います。
自立した生活を達成

自立相談支援事業
  • 訪問による支援を含め、生活に困っている方を早期に把握して、早期に支援できるようにします。
  • ワンストップ型の相談窓口として、生活に困窮している方への支援の情報とサービスの拠点となります。
  • さまざまな問題を複合的に抱えた方に、必要な支援を包括的・継続的に提供できるように対応します。
  • 地域での支援のネットワークを強化するために、さまざまな社会資源に働きかけて新たな地域づくりを進めます。

設置経営主体 成田市社会福祉協議会と大成会による共同体
代表者 成田市社会福祉協議会
事業所の名称 暮らしサポート成田
事業所の所在地 成田市花崎町736-62 成田市商工会館1階
電話 0476-20-3399
受付時間 8:30〜 17:15
休業日 土曜日、日曜日、祝日、年末年始